嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え official web site ダイヤモンド社


アドラー心理学とは?

知られざる第三の巨頭、アルフレッド・アドラー

アルフレッド・アドラー

アルフレッド・アドラー Alfred Adler 1870~1937

個人心理学の創始者
「人間の隠し持つ『目的』に注目せよ!」

オーストリア出身の精神科医、心理学者。フロイトとの共同研究者としての関係を経て、まったく新しい理論に基づく「個人心理学」を創始。日本では、その創始者の名をとって「アドラー心理学」と呼ばれることが多い。

ジークムント・フロイト Sigmund Freud 1856~1939

精神分析の創始者
「人間の隠し持つ『無意識=
抑圧された欲求』に注目せよ!」

オーストリアの精神科医、心理学者。神経症患者を臨床的に研究する過程で、独自の「精神分析」を確立。幼児期の心的外傷(トラウマ)や、抑圧された欲求に注目したその理論は、現在の臨床心理学の基礎となった。「無意識」の発見者としても知られる。

カール・グスタフ・ユング Carl Gustav Jung 1875~1961

分析心理学の創始者
「人間の隠し持つ『集合的無意識』に
注目せよ!」

スイスの精神科医、心理学者。1907年からフロイトに師事するも、やがて学説上の対立から袂を分かち、「分析心理学」を提唱。個人の無意識だけでは説明しきれない、民族や人類に普遍的に存在する「集合的無意識」の存在を唱えた。

▲このページのトップへ

アドラー心理学とは?

アドラー心理学の特徴は、「すべての悩みは対人関係の悩みである」とした上で、フロイト的な原因論を根底から覆す「目的論」の立場をとるところにある。
たとえば、「子どものころに虐待を受けたから、社会でうまくやっていけない」と考えるのがフロイト的な原因論であるのに対し、アドラー的な目的論では「社会に出て他者と関係を築きたくないから、子どものころに虐待を受けた記憶を持ち出す」と考える。
つまりアドラーによれば、人は過去の「原因」によって突き動かされるのではなく、いまの「目的」に沿って生きている。

こうしてトラウマを否定するアドラーは、人生(生き方)とはいつでも選択可能なものであり、過去にどんなつらいことがあったとしても、これからどう生きるかには関係がない、と唱えた。人は変われないのではなく、ただ「変わらない」という決心を下しているに過ぎない。いま幸せを実感できない人に足りないのは、能力でもないし、お金でもないし、恵まれた環境でもない。変わること(幸せになること)に伴う「勇気」が足りないのだ。それがアドラーの主張だった。

そのシンプルにして深淵な思想は「勇気の心理学」とも呼ばれ、デール・カーネギーら自己啓発のメンターたちにも多大な影響を与えた。ちなみに「劣等感」という言葉を、今日われわれが使うような意味で最初に用いたのはアドラーである

欧米での評価に比べて日本では知名度が低かったものの、近年になって伊坂幸太郎氏が小説『PK』で、石田衣良氏が小説『美丘』でアドラーの教えに言及するなど、多方面からの支持を集めつつある。

イラスト

▲このページのトップへ